マーカーの使い方は奥が深い

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マーカーをなめると、マーカーに泣く。

ということわざもあるように、マーカーの使い方だけみても実に難しいし、面白い。

自分なりの事例解法を確立すべく日々試行錯誤しているだけあって、少し形になってきた。

スクリーンショット 2015-07-03 15.07.24

スピードは若干アップしている。解答の安定感もアップしている。効果は着実に出てる。

そして、問題はマーカーなんだよね。

■(青)自社

■(赤)競合

■(緑)顧客

まず、問題文(与件ではなく)にはマーカーを入れるのをやめて、時間短縮を図った

そして与件はというと、3Cで色分けしている。たまに自社と顧客の色分けで悩んだりしているという時間ロスがあったりするので、この辺は要改善。マーカーの色分けなんかに時間使っちゃいけない。

今月中には解法を完成させたいな。

この記事も読まれています
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です