カーヴィーダンスで考える事例1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

決して暇なワケではないが、事例1の類題として「カーヴィーダンス事例」を考えてみた。

問題

「カーヴィーダンス」の考案者でボディーメークトレーナー、樫木裕実さん(52)が昨年5月に開設した東京・渋谷のスタジオが、今月末で閉鎖されることが15日、分かった。(出典:サンスポ

樫木裕実さんを除くスタッフが独立して指導を続けていくにあたり、顧客との関係性を今まで以上に強化することが重要と考えている。そのために取り入れるべき施策を150字以内で述べよ。

解答

顧客関係性を強化するには、質の高いサービスと接客技術が重要である。このためA社は、①採用面では、インストラクター経験者など即戦力となる人材採用、②評価・報酬面では、トレーニング技能別の成果主義制度の導入、③教育訓練面では、新しい指導技術、相談・提案に必要なコミュニケーション等に関する技能研修を行う。

この記事も読まれています
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です