事例2の数値問題

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここ2年の事例2では、表問題というか、計算問題というか、数値問題が出ています。毎年本試験会場に行って初見の問題に翻弄されるのも嫌なので、何かしら用意しておきたいものです。

そもそもなぜ顧客分析するかというと、以下のいずれかの目的を達成するためです。

  • 新規顧客の獲得
  • 既存顧客の維持(顧客リテンション)
  • 優良顧客の育成

そのために、以下のような項目を調べて、表や図にして顧客の行動を予測し、会社が取るべきアクションを決めていくわけですね。

  • 誰が?→顧客属性
  • 何を?→商品/サービス
  • いつ?→時間、期間
  • どこで?→チャネル
  • どの位?→定量指標

で、肝心の顧客分析についてのこれまでの出題分野と、今後出そうな分野です。

  • セグメント分析 →H25出題
  • 行動トレンド分析 →★☆☆☆☆
  • パーセンタイルプロファイリング →H26出題
  • クロスセグメント分析 →★★★★★
  • 関連性分析 →★★☆☆☆
  • パターン検出分析 →★★★☆

一度出た分野は当面出題されないでしょうから、パーセンタイルプロファイリングは出ないと考えられます。その代わり、セグメント分析の応用であるクロスセグメント分析は出しやすそうです。関連性分析とかパターン検出分析も、見ておいて損はないかもしれません。

この記事も読まれています
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です