H27 事例3 再現答案

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第1問

(設問1)

生産面で、鋳造工程における高い生産能力や、機械加工・塗装工程に対応した一貫生産体制である。

営業面で、中堅エンジニアによる鋳造技術の知識や、新市場の開拓力などによる、提案営業力である。

(設問2)

メリットは、①自動車部品生産による稼働率の向上、②自動車部品メーカーなどの新規取引先の拡大、③軽量化や複雑形状化等、鋳造技術の蓄積・向上が図れることであり、技術競争力や売上の向上が実現できることである。

(設問3)

改善策は、①生産計画面で、マンホール蓋の需要予測の精緻化や、全工程を考慮した生産計画立案、②生産工程面で、担当者任せの段取回数基準による加工順をやめ、リードタイム基準により加工順を決定すること等である。

第2問

問題点は、機械加工工程の効率が悪いため、仕掛品在庫が増大していること。改善策は、①治具交換等の内段取りの外段取り化やシングル段取り化、②脱着作業のOJTによる作業員の技能向上、などで工程を効率化する。

第3問

C社は、受注や生産を含む業務プロセス全体で、進度情報をデータベースで一元管理し、納期管理を徹底する。その際、①納期に関する顧客要望、図面、仕様書等の受注情報、②各工程の進度、余力、鋳造工程の仕掛品の現品など、生産統制情報を活用すべきである。

第4問

C社は、①マンホール蓋等の多品種化に対応するため、工程別レイアウトやセル生産方式を導入する。また、②顧客からの鋳造技術向上の要求に対応するため、設備の改良保全やTPMを行う。さらに、③従業員の高齢化が進んでいるため、若手人材確保による技能承継など行い、国内生産体制を強化する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加