H27 事例1 ベスト答案

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第1問

ゲートボールやグラウンド・ゴルフなど、A社を支えてきたスポーツ用品事業の市場には、どのような特性があると考えられるか。100字以内で述べよ。

市場は、①少子高齢化によるシニア層向けスポーツ市場の拡大や健康意識の高まりにより、事業拡大の機会となる一方で、②競合の廉価品や人気による激しい需要変動により、持続的競争優位を築きにくいなどの特性がある。

第2問

A社は、当初、新しい分野のプラスチック成形事業を社内で行っていたが、その後、関連会社を設立し移管している。その理由として、どのようなことが考えられるか。120字以内で述べよ。

理由は、既存事業への影響を減らし、利益責任を明確化するため。その背景として、楽器収納用ケースの製造は、①新たに受注生産への対応が必要で、②技術難度も高く、事業成否のリスクが大きいが、③再起をかけた事業なのでリスク許容度を高める考え方がある。

第3問

A社および関連会社を含めた企業グループで、大型成形技術の導入や技術開発などによって、プラスチック製容器製造事業の売上が60%を占めるようになった。そのことは、今後の経営に、どのような課題を生み出す可能性があると考えられるか。中小企業診断士として、100字以内で述べよ。

課題は、プラスチック製容器製造の売上依存度を下げ事業リスクを分散すること。具体的には、①売上構成比の高いプラスチック製容器製造の売上を維持しつつ、②成長基調の健康ソリューション事業への投資を強化する。

第4問

A社および関連会社を含めた企業グループで、成果主義に基づく賃金制度を、あえて導入していない理由として、どのようなことが考えられるか。100字以内で述べよ。

理由は、①会社間で、事業別の売上構成比や1人当たり売上高に大きな差異があるため、統一的な評価基準の設定が困難で、②年功ベースの評価基準を成果主義に変えることで、正規社員のモラール低下が懸念されるため。

第5問

A社の健康ソリューション事業では、スポーツ関連製品の製造・販売だけではなく、体力測定診断プログラムや認知症予防ツールなどのサービス事業も手がけている。そうしたサービス事業をさらに拡大させていくうえで、どのような点に留意して組織文化の変革や人材育成を進めていくべきか。中小企業診断士として、100字以内で助言せよ。

事業拡大のため、①サービス事業拡大に向けたプロジェクト組織の設置や、ツール開発における権限移譲、②非正規社員の積極採用や、グループ企業間で公平な業績評価制度の導入などで、組織を活性化することに留意する。

事例の概要はこちら

私の再現答案はこちら

ベスト答案の作成においては、MMCとTBCの模範解答の一部を参考にしています。

本試験の場で上記のような解答を書くのは不可能ですが、よく考えればなるほどと思わせる設問でした。その意味で、今回の事例1はフェアだったと思います。

この記事も読まれています
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です