【ビジマネ直前対策】出題予想 2 – 組織の7Sとは

スポンサーリンク
スポンサーリンク

これほどひっかけ問題を出しやすい論点はないという「組織の7S」。東京商工会議所のホームページでも試験問題例として出題されていたが、サンプル問題だから出題されないだろうと考えるのは甘い。本試験でも絶対出してくるだろう。

ちなみにその試験問題例はこちら。

スクリーンショット 2015-07-16 23.23.33

組織の7Sとは、「組織運営に関する指標」だ。と言われてもよくわからないが、企業を構成する7つの要素と考えればよい。

  • 戦略
  • 組織
  • システム
  • 価値観
  • スキル
  • 人材
  • スタイル

このうち、上の3つ(戦略、組織、システム)のことをハードの3Sと呼ぶ。

そして、下の4つ(価値観、スキル、人材、スタイル)のことをソフトの4Sと呼ぶ

さて、それぞれの意味することが非常に似ていて間違えやすい。特に間違えやすいのが「組織」がらみの3つ。ではちょっと問題を出してみよう。

  • 組織の目標
  • 組織の文化
  • 組織の形態

この3つは、組織の7Sのどれを説明したものだろうか?

全部「組織」じゃないか!と思った人は、これを機にしっかり頭に叩き込んでほしい。

  • 組織の目標 →「価値観」
  • 組織の文化 →「スタイル」
  • 組織の形態 →「組織」

それではもう1問。

  • 個人の能力
  • 意思決定のプロセス
  • 技術力

これらは、組織の7Sのどれを説明したものだろうか?

正解は・・・

  • 個人の能力 →「人材」
  • 意思決定のプロセス →「システム」
  • 技術力 →「スキル」

初見では捉えにくいと思う。個「人」ときたら、「人」材と覚えてしまおう。「プロセス」ときたら「システム」、「技術」ときたら「スキル」と連想していこう。再度整理しておくと・・

  • 戦略 
  • 組織 ・・組織の形態
  • システム ・・プロセス
  • 価値観 ・・組織の目標
  • スキル ・・技術力
  • 人材 ・・個人の能力
  • スタイル ・・組織の文化

この記事も読まれています
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です