ブランドづくりの教科書まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こちらも同じく「小さな会社を強くする ブランドづくりの教科書(岩崎 邦彦)」のQ&A形式のまとめ記事、だいぶ昔に書いたものですが、再掲しておきます。

Q. ブランドとは何か?

A. 焼印(商標)

Q. ブランドづくりを定義せよ。

A. 顧客の心の中に、品質を超えたポジティブなイメージを形成し、顧客との感情的なつながりをつくること

Q. 強いブランドを持つ企業は業績が良い傾向にある。それはなぜか?

A. ①数量プレミアム効果(競争製品と同品質でも選ばれやすい)

②価格プレミアム効果(顧客の価格受容度を上げる)

③リピート効果

④口コミ効果(顧客が顧客を呼ぶメカニズム)

Q. ブランドの要件は何か?

A. 名前(識別機能)、品質、意味の3つを備えていること

Q. 強いブランドを規定する条件は何か?

A. ①コンセプトが明確であること(消費者の心の中に明快なイメージを生む)

②感性に訴求すること(売り手のセンスやデザイン力が消費者の感性に訴える)

Q. 強いブランドをつくるためにはまず何をすればよいか?

A. ブランド・アイデンティティを明確に定義する

Q. ブランド・アイデンティティの定義プロセスを述べよ。

A. 設定→明文化→共有→実践

Q. ブランド・アイデンティティの設定に欠かせない3つの条件は何か?

A. ①価値性:買い手にとっての価値(商品そのものではない)

②独自性:独自性・個性があること(平均、無難、普通、ではない)

③共感性:ターゲット顧客が支持すること

Q. ブランド・アイデンティティの例を挙げよ。

A. 価値性:最高品質

独自性:高糖度トマト

共感性:おいしさの感動

Q. 機能的価値だけでなく、情緒的価値を訴えることはなぜ重要か?

A. 優劣(勝ち負け)をつけにくく、多様な価値観の共存が可能だから。

Q. アメーラ・ルビンズが情緒的価値を訴求するために工夫している点を挙げよ。

A. ・商品を透明なプラスチックケースに入れ、色と形状をアピールしている

・リーフレットのキャッチコピーから、陳腐化しやすい言葉や、機能を訴求する言葉を除外している

・外部の専門家による社外知を活用している

Q. 人の記憶に残りやすいブランドをつくる上で大事なことは何か?

A. 二番手ではなく、一番手(トップ)になること

Q. トップになるためのポジショニング手段は何か?

A. ①小さなマーケットにポジショニングする(砂漠地帯、真空地帯)

②カテゴリーを切り取る(限定する)

③カテゴリーの一部を反転させる(男性→女性、和菓子→洋菓子)

④特定カテゴリーの高級化市場に特化する

⑤特定エリアに特化する(ある地域でナンバーワン)

⑥特定グループにフォーカスする(ターゲット消費者の絞り込み)

Q. 「ブランドづくりは引き算である」の意味を説明せよ。

A. ①訴求ポイント、品揃え、言葉を絞り込むこと

②シンボルを持つこと

⑤平均的、総合的から脱却すること

Q. 品質が優れていても商品が売れない理由はなぜか?

A. 知覚品質が低いから。

Q. 知覚品質を高めるにはどうすればよいか?

A. ①品質を有形化する(パッケージを利用)

②体験してもらう

③五感・情緒に訴える

④低価格をやめる(適正価格にする)

⑤希少性を追求する(場所や時間、数量の限定)

⑥オリジナリティ(個性・独自性)

⑦物語性(歴史、苦労、失敗)

⑧社会的証明(受賞、公的認証)

Q. ブランド価値を有形化する上で重要なことは何か?

A.

・視覚に訴えること

・ハーモニーと一貫性(統一感)があること

・ブランドアイデンティティとブランド要素

・ブランド要素間

Q. 良いブランド名の条件は何か?

A. ・記憶、発音、聞き取り、検索、入力が容易であること

・独自性があること

・音感が良いこと(ウメーズラよりアメーラ)

・意味を暗示すること(明示してはいけない)

・利用シーンに適合すること

・商標権で保護していること

Q. ブランドづくりにおいて最も重要なメディアは何か?

A. 人(口コミ)

Q. 口コミの発生を促進するにはどうすればよいか?

A. ①〜⑥→小が大を超える

⑦体験を消費者に提供する

⑧口コミのタネをまく

⑨インフルエンサーの力を活用する

⑩パブリシティを活用する(新聞記事、テレビ報道)

⑪コンタクト・ポイントで情報発信する

Q. ブランド拡張のリスクとは何か?

A. ブランドイメージの希釈化→ブランド価値の低下

Q. ブランド拡張における留意点は何か?

A. ハーモニー

・ブランド・アイデンティティとの整合性

・現在のブランド価値への効果

Q. ブランドが失敗する理由は何か?

A. ①品質管理がしっかりしていない

②戦略がない

③共感性の欠如

④コミュニケーションに一貫性がない

⑤無関係なブランド拡張

⑥なんでも屋になる

⑦消費者の声を聞かない

⑧値引き競争をする

⑨感性に訴えない

⑩動きがない

この記事も読まれています
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です